渋谷駅B3出口より徒歩4分の整体院|渋谷宮益坂の整体

WEB予約
電話予約
料金案内
アクセス
お問合せ
院ブログ

四十肩、五十肩

四十肩・五十肩ってどんな症状かご存知でしょうか?
大きく分けて急性期・亜急性期・慢性期とありますが一体どういうものかというと..


【急性期】
症状が発症してから約2週間(個人差があります)肩関節囲が炎症を起こしてしまっていたため肩を動かした時だけでなく安静時や夜間時でも痛みが肩に現れます。更に首や腕全体に放散痛と呼ばれる痛みを伴うこともあります。

【亜急性期】
急性期の症状が和らいできている状態です。肩関節周囲の組織の修復が始まっていき、安静にしている時や夜間時の痛みはありませんが肩や腕を動かすときに痛みが生じます。

【慢性期】
炎症がおさまり痛みは軽減されている時期です。痛みをかばって肩を動かさずにいたことで肩関節周囲の筋肉や組織などが硬くなり、動かしにくくなっています。

このように痛みが発症してから症状が変わっていきますが状態によって施術内容やご自身で行うケアが変わってきます。「もしかして四十肩・五十肩かも!?」と思った際はお気軽にご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 四十肩、五十肩

  2. 寿命

  3. お身体のケアにどんな事をしていますか?

PAGE TOP